PHICIS JAPAN COURSES

コース

Overview

概要

PHICIS JAPANが提供するコースは全部で3段階に分かれています。 Level1は、医療資格の有無を問わないFirst Aid in Sports(FIS)です。Level2Levelは医療従事者向けのPre Hospital Immediate Care in Sports (PHICIS)の基礎コースとアドバンスコースです。 PHICIS修了者は、英国のエジンバラ王立大学にPHICIS修了者として登録されます。

First Aid In SportS(FIS)

LEVEL 1

資格要件なし。スポーツにかかわる一般の方でも受講可能です。

  • スポーツチーム:コーチ・マネージャー・チームスタッフ・選手・保護者
  • 学校関係:学校教諭・養護教諭・保護者など
  • 地域のスポーツ活動(大会・イベントなど)を支援するスタッフ:看護師、トレーナー(PT・AT/ATC)、救急救命士など
  • そのほか:審判員・レフリー

Basic Life Support(心肺蘇生法)や外傷発生時の初期対応の基礎

2年間。

更新講習はありません。都度新規講習をご受講ください。

PRE-HOSPITAL IMMEDIATE CARE IN SPORTS

LEVEL 2

スポーツ活動にかかわる有資格者:医師・歯科医師・看護師・理学療法士(PT)・アスレティックトレーナー(AT/ATC)・救急救命士・柔道整復師など

  • チームに所属するスタッフ:チームドクター、トレーナー(PT・AT/ATC)など
  • 地域のスポーツ活動(大会・イベントなど)を支援するスタッフ:スポーツドクター、看護師、トレーナー(PT・AT/ATC)、救急救命士など

Basic Life Support(心肺蘇生法)・ACLSの内容、疾病・外傷発生時の救急対応の基礎

2年間

  • 新規講習後有効期間(2年)内に受講
  • 新規講習の内容に加え、最新の更新情報の提供、スキルのフラッシュアップ、受講者間での現場活動の報告と課題解決

PRE-HOSPITAL IMMEDIATE CARE IN SPORTS

LEVEL 3

Level2を受講し修了している有資格者:医師またはプロレベル(エリートスポーツ)でのスポーツ現場の医療サポートをしている看護師・アスレティックトレーナー(AT/ATC)・救命救命士・柔道整復師など

  • チームに所属するスタッフ:チームドクター、トレーナー(PT・AT/ATC)など
  • 地域のスポーツ活動(大会・イベントなど)でメディカルチームの中心となって支援するスタッフ:スポーツドクター、看護師、トレーナー(PT・AT/ATC)、救急救命士など

Basic Life Support(心肺蘇生法)・ACLSの内容、疾病・外傷発生時の救急対応の応用

2年間

  • 新規講習後有効期間(2年)内に受講
  • 内容:新規講習の内容に加え、最新の更新情報の提供、スキルのフラッシュアップ、受講者間での現場活動の報告と課題解決

 

achievements

活動実績

  • 日本ラグビー協会
  • ジャパンラグビートップリーグ
  • 長野県体育協会スポーツドクター協議会
  • 千葉大学医学部附属病院スポーツメディクスセンター
  • 久留米大学
Instructor course

インストラクター
養成講座

PHICIS JAPANでは、実践的な教育を行うインストラクターを養成しています。

What is Instructor

インストラクター
とは?

PHICISコースは、実践的な教育を提供する素晴らしいインストラクターによって支えられています。
インストラクターはPRICELESSの方法論でLearner Centeredの環境を作り出し双方向性のコミュニケーションで、受講者のアウトプットを引き出し、最高の学びの場を提供します。
Level2・3の次に、ぜひインストラクターを目指してみてください。
P = Practice Skills
R = Relevant to own practice
I = Involved in own learning
C = supportive and non-threatening Climate
E = build on own Experience
L = Leaner centered
E = Enjoyable
S = Self Reflection
S=Successful

requirements

インストラクター
になるためには?

候補生として推薦されるには、通常のコースやブラッシュアップコース(2年に一度)の受講時に、受講者として一定の基準を満たす評価を得る必要があります。この評価はコースディレクターとインストラクターが行い、受講者の正確な救護スキル、学びの姿勢、周囲を巻き込んだサポーティブな姿勢、全体に貢献する意思などの項目を評価します。ここで一定の基準を満たすとインストラクター候補生となります。

候補生に推薦されたら、次に開催するコースからインストラクター候補生として参加し、実際のコースで教育方法を学びます。

候補生は、PRICELESSやREVIEWといった教育学の手法を身に着け、インストラクターの補助とともにコースを展開できるように経験を積んでいきます。コースディレクターが知識と実践を評価し、一定の基準を満たすとインストラクターに昇格します。

下記がインストラクターとしての行動の要件となります。

・1年に最低1回のコース開催に参加することと

・2年に一度、コースディレクターによるブラッシュアップ講習を受けること

Scroll to Top